グーパー運動

この動画はプレミアム動画です。レクシルプレミアムに登録すると、全て視聴できます。
\30日間の無料お試し実施中! /
動画の続きをみる

今回は座ったまま簡単にできるグーパー運動を行います。2つのことを同時に行うことで、脳に刺激を与えて転倒予防や認知症の予防につながります。動画後半の応用編は少し難しくなっていきますが、失敗しても気にせず楽しんで行ってみましょう!

  • 目安時間:10分以下
  • 難易度:
  • 対象人数:全員
  • 準備時間:約1分
  • 材料費用:〜0円

事前準備

  • 1. 動画を見ながら行えるように集まってください。
  • 2. 両手を広げられるくらいの間隔を取りましょう。

実施の流れ

  • 1. 体操の目的や注意点を説明します。
  • 2. 前の手をパー、胸の手をグーにして交互に入れ替えます。10~20回程度様子を見ながら行いましょう。
  • 3. 前の手をグー、胸の手をパーに変えて、同じように交互に動かします。
  • 4. 前の手をパー、胸の手をグーにして、入れ替える際に手拍子を挟みます。
  • 5. 前の手をグー、胸の手をパーに変えて、同じく入れ替える際に手拍子を入れます。
  • 6. 【応用編】胸の手はパーにして、前に出した手で数字を数えます。数字は5まで数えたら、1に戻りましょう。
  • 7. 【応用編2】応用編で行ったことを続けながら、手を入れ替える際に手拍子を入れます。

実施の際のワンポイント

  • 1. 二つのことを同時に行うことを鍛える運動です。転倒予防や脳の活性化など、体操の意義を説明することで、利用者の方も参加しやすくなります。
  • 2. 途中で間違えても気にせずに続けることが大事です。
お問い合わせはこちら友だち追加