レクリエーションの意味を知ればマンネリ化・ネタ切れはなくなる!

レクリエーションを改めて定義してみましょう。ゲームや遊びだけがレクリエーションではありません。

  • 目安時間:5分以下
  • 難易度:
  • 対象人数:個人
  • 準備時間:約1分
  • 材料費用:〜0円

事前準備

  • 1. レクリエーションについて、みんなで集まって考えてみましょう。

実施の流れ

  • 1. ネタ切れマンネリ化を予防するためのポイントを紹介します。レクリエーションの意味を改めて考えてみましょう。
  • 2. レクリエーションを、「遊び」や「ゲーム」として捉えるとどんどん幅が狭くなります。そうすると、ネタ不足やマンネリ化に繋がります。
  • 3. re-create(リ・クリエイト)として捉えると、再創造や壊れたものをつくり直すこと、元気を取り戻すことと考えることもできます。
  • 4. ゲーム形式だけがレクリエーションではありません。会話や勉強、体操、脳トレもレクリエーションと考えることができます。レクリエーション=遊び、というわけではありません。

実施の際のワンポイント

  • 1. みんなで集まって、レクリエーションについて考えてみましょう。
  • 2. 思いついたものをノートに書き出してみましょう。
  • 3. 柔軟な発想で、レクリエーションを定義してみましょう
石田竜生
介護エンターテイナー 作業療法士 ケアマネジャー 芸人

『人生のラストに「笑い」と「生きがい」を』をモットーに介護エンターテイナーと名乗り活動しています。芸人として培ってきた技術、10年間作業療法士として介護施設で働いてきた経験を活かし、介護現場を『笑い』でいっぱいにするために、日本全国でボランティアやセミナーを開催中。
YouTubeで配信中の体操や健康のコツは再生回数330万回以上。チャンネル登録者22000人突破!『介護×笑い』に関する取り組みへの注目度は高く、多数のメディアで執筆・取材の実績がある。
お問い合わせはこちら友だち追加